⑮日記・コラム

雪の中で

長男がベアーズに入り3年がたちました
 
年末に6年生が引退し
  
1月からとうとう最上級生です
 
 
先週土曜の朝
 
練習のためにグランドにいくと
 
月曜日に降った雪が
 
そのまま綺麗に残り、別世界
  
 
大人たちが雪かきしている傍らで
 
子供たちはいつになく楽しそうに練習
 
  
雪国の野球チームは
  
白い雪の上に砂でラインを引いたり
 
工夫しながら野球をしているのだとか
 
 
お昼の時間は家族みんなお弁当。
 
保温弁当ならではの
 
温かいシチュー、野菜炒め、筑前煮など
 
  
今月から一年間
 
ベアーズの父母代表に
 
なったこともあり、
  
長女をおんぶして
   
次男を傍らに
  
35人の子供達と一緒に
 
奮闘しています
 
 
主人もコーチで参加していますが
 
この季節は
 
駅伝大会の準備をしたり
 
マラソン大会のペースメーカーをしたり
 
仕事もあわせて
 
あちこちを掛け持ちながら
 
分刻みの週末を過ごしています
 
  
身体には気をつけて
 
家族みんなで

寒い冬を乗り越えたいと思います

undefined

|

2011年の成長

もう年末です。

ようやくパソコンを新調し

ブログの更新も不自由なく

できるようになりました。

 

春からはじめた

♭(ふらっと)さんでの料理教室。

参加された皆さんや

♭(ふらっと)スタッフの皆さんに

助けていただきながら

前期と後期と通期で全10回を

無事に終えることができました。

ありがとうございました。

 

最後の教室については

♭(ふらっと)さんの「ふらっとだより」でも

触れて下さっています。

http://cafe-flat.com/blog/44-2/

 

2年前の10月から

自宅で少人数の開催ではじめた

重ね煮料理教室ですが

いろんな食の悩みを抱える

子育て中のママさんとの関わりから

少しでも手助けになればと

昨年は公民館を中心とした教室に。

 

偶然がきっかけで

♭(ふらっと)さんをお借りして

開催することができた今年からは

♭(ふらっと)さんに訪れる

幅広い層の方々へ対応できる食として

成長することができました。

 

お店の雰囲気と調和するように

料理を美しく見せること。

なにげない家庭料理を

おもてなし料理として提案すること。

どれも新しいことでした。

なにより

♭(ふらっと)スタッフの皆さんと

関わりの中で

それまでの素人感覚から

責任を持つプロの意識を持って

臨むことを学びました。

 

春の出産を控え

教室はしばらく休止ですが

個人的な食のご相談は

これまでと同様に続けていきます。 

3人目の育児が落ち着いたら

教室も再開できたらと考えています。

 

来年はもう一度原点に戻って

食といのちとを見つめていきたいと思います。

 

今年もありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

|

冬仕度

今日から12月。
 
物置からだるまストーブを
出しました。
 
先週の土曜日からは
エキデンボーイズが
1年ぶりの再結成。
 
また冬が来たと感じます。
 
1回目の練習を終えた
主人の感想は
みんないい顔して走ってる
ということ。
 
3年生のときの優勝が
みんなの自信になっています。
 
今年の
おゆみ野四季の道駅伝は
2月19日。
 
4年生になった
子ども達が
どれだけ成長した走りを
見せてくれるのか
今から楽しみです。
 
明日は
ちいさなひかりの最終回。
 
寒い日になりそうなので
重ね煮ドリアとポトフ。
温まるメニューです。

| | トラックバック (0)

青坊主

土曜日の朝

野球好き長男が

「なんだか野球の気分じゃない」

と言いました。

 

2週間前の練習で

左手の親指の靭帯を痛めて

別メニューとなってから

練習が遠のいていました。

 

先週は恒例の

大家族の夏旅行もあり

練習を休みました。

 

2週間たち

親指はすっかり治ったのですが

夏休みに入ってから

こんな様子だったので

いまいち気分が乗ってこないようです。

 

その様子を見ていた主人が

早朝の散髪を提案。

バリカンを持ち出し丸刈りに。

1番短い長さで切ってと

本人が希望したのですが

想像以上に短かったようで

本人は少し恥ずかしそうな顔。

 

それでも気分転換には

なったようで

元気に練習に向かいました。

 

コーチからは

「気合入ってるな」

と声をかけていただき

恥ずかしそうでしたが

久しぶりにグローブをはめて

うれしそうな顔で

練習していました。

 

その2日後には

「僕も短くして」と次男。

 

青々とした丸坊主が

二人揃うと

なんとも微笑ましいです。

|

夏の冒険

先週末の金曜日

はじめて

こども達だけで

電車を利用させ

じいじの家に遊びに

行かせてみました。

 

この計画を

2人に告げたのは

1週間前のこと。

 

長男は「やってみる。」

次男は「え~。」

とはいえ

どちらも緊張した様子。

 

当日の朝になると

長男はソワソワ。

「頭がいたい」

「もう早く行きたい」

緊張して

落ちついていられない様子。

 

最初は

自宅の最寄駅からと

考えていましたが

中間あたりになる

船橋駅での乗り換えまでは

一緒に行くことにしました。

  

船橋駅の改札口で

2人を励まして見送ると

今度は私が落ち着かなくなり

結局入場券を購入して

ホームで見送ることに。

 

あまえん坊の次男は

発車直後から

不安になり

次の乗り換えまでの

30分間

ずっと泣いていた様子。

 

それでも1時間後に

お母さんの電話から

長男の声で

「到着したよ」と

連絡がきてひと安心。

 

実は

私も心配でたまらず

この連絡を受け取るまでは

2人を見送った駅から

動くことができませんでした。

 

こども達の冒険のつもりで

企画したのですが

結局は

私にとって冒険でした。

|

恒例の夏

夏休みがはじまり

2週目に入りました。

 

こども達と

朝6時に起きて散歩して

秋の道公園で体操。

 

帰ってきて

朝ごはんを食べたあと

7時半から8時半までは

長男と次男が2人で

虫網と虫かごを持って

虫取りです。

 

帰ってきたら

小さな虫かごに

満員御礼の 

22匹のカブト虫とクワガタ虫。

相変わらずの

虫取り名人ぶりに

感心してしまいます。

  

夏休みをダラダラと

過ごすことのないように

こども達と

7つの仕事を決めました。

 

親から提案したのは

5つだったのですが

夏休みに欠かさず実施できたら

ご褒美があることを伝えると

2人ががぜんやる気を出し

残りの2つは

こども達が付け加えました。

 

1.カーテン開け

2.お布団をたたむ

3.新聞取り

4.庭にお水やり

5.食べた食器を下げる

6.お部屋の片付け

7.洗濯物をたたむ

 

次男がはりきりすぎで

最後まで持つのかが

心配になってしまいますが

今年もまた

いい夏休みになりそうです。

|

色選び

長男はあごが小さく

歯が密集しています。

次男はあごが大きく

すきっ歯です。

 

兄弟でも全然違うものだな

と感じていました。

 

次男は永久歯に

生え変わるとともに

すきっ歯がきれいに

無くなると想像できますが

長男は

どうなるのか

少し心配でした。

 

歯の治療のついでに

矯正について

うかがったところ

最近は「予防矯正」といって

寝ているときだけ

矯正具を装着して

歯は抜かずに

成長とともにあごを広げながら

矯正する方法があるとのこと。

 

予防矯正は

小学生の間ならば

可能な方法だということ。

 

長男は4年生。

 

頑張っている野球で

おもいっきり

歯を食いしばれるようにと

家族会議の末

長男の歯並び矯正を

始めることにしました。

 

矯正具は

本体とケースの色を

選ぶことができるのですが

選ぶときになると先生は

長男だけ部屋に入るように

言いました。

  

長男は

本体は透明色に金粉入り

ケースは蛍光色の緑色を

選びました。

 

そのときは 

なぜ息子だけにしたのか

わかりませんでしたが

数日が経過し

わかったような気がします。

 

長男は

毎晩寝る前に

矯正具を

ケースから取り出して装着。

朝起きたら取り外して

洗ってケースにしまいます。

 

これを自分で

進んでしていますが

きっと自分で選んだものだから

だと思います。

 

子育てで

大切なことを教わりました。

|

それぞれの誕生日

6月25日は

カフェ♭さんが

オープンして一周年でした。

お祝いとして

土曜日に

梅ゼリーをお届けしました。

 

7月2日は

畑のおばあちゃんの誕生日。

おばあちゃんにも

子供たちと

今日の夕方

梅ゼリーをお届けしました。

 

カフェ♭さんは1歳。

畑のおばあちゃんは99歳。

 

今年は地震もあり

大変な年になりましたが

元気に誕生日を迎えられることが

ただただうれしく思います。

 

節電の夏

 

梅ゼリーで少しでも

清涼感を感じていただけたら

うれしいです。

|

しののめさん

ふと考えると

しののめさんがこのブログに

登場したことがないと気がつき

今回書くことに。

 

しののめさんとは

近所にある

我が家のかかりつけの

お医者さんです。

 

子供達がお世話になって5年目。

今週は次男が転んで肘を痛めてしまい

診療していただきました。

 

個人病院なのですが

内科、小児科、皮膚科、整形外科、東洋医学

と診療科目だけだと総合病院。

それを1人で診療しています。

 

私は漢方医学の家系で育ち

「病院」恐怖症です。

 

主人はマラソン選手が仕事だった頃

西洋と東洋の医学のいいとこ取りで

使い分けてきました。

そのため東洋医学にも理解があり

私の病院恐怖症を見かねて

私でも通えそうな

両方を兼ねた病院を探してくれました。

 

私の病院恐怖症が

子供達に伝染してはいけないとも

思ったようです。

 

先生は中国の方ですが

「今日はどうしたの?」と

いつも気さくで、親しみやすく

診療のほか

漢方の相談にも乗ってくれます。

 

西洋の陽と東洋の陰。

その調和の中にあって

重ね煮のようです。

  

我が家の個性的な面々を

やさしく診てくださる

頼れる主治医です。

|

これでひと安心

昨日から

梅干し用の梅が

お店に並びはじめました。

どこの直売所やスーパーでも

箱詰めの梅が並んでいます。

 

梅干し用の梅は

先週の半ばまで

お店に並んでいなかったので

13日の『うめ日和』の開催に

間に合わなかったらどうしようと

心配していました。

 

もともとは

去年の梅干を漬けた日を

参考にして

日程を決めたのですが

今年は去年よりも

遅い収穫だったようです。

 

自然は

私の都合よくはいかないと

あらためて反省しました。

  

とにかくこれでひと安心。

 

待ちこがれた分だけ

梅がさらにありがたく思えます。

 

今年も

おいしい梅干が

漬けられそうです。

 

|

より以前の記事一覧