⑫体験・遊び

1枚の布から

Rimg2757

昨日はカフェふらっとさんの

風呂敷づくりの講習会に参加してきました。

 

楽しくお話しをしながら

大判の布を針で縫いました。

 

完成したあとは風呂敷の使い方。

四角の布が

いろいろ変化しました。

買い物袋、リュック、エプロン、手袋、帽子、巾着・・・

どれも「ま結び」という結び方が基本で

コツを得るとほどき方もとても簡単。

 

家に帰ってからは

さっそく家族に披露しました。

子供たちもおもしろがり

風呂敷リュックを背負っていました。

 

子供たちが寝静まったあと

祖母が残した反物で

1枚の風呂敷を作りました。

料理教室でも

土鍋を包んだり、エプロンにしたり

たくさん活躍してくれると思います。

|

子どもの日

Uni_0910

川を渡る

こいのぼりを見に

となり町の村田川まで

みんなでサイクリングしました。

ウチからは

往復で10キロほどだと思います。

 

ユニモから入り

こいのぼりのある瀬又まで

村田川沿いを

田んぼや畑、竹林など

のどかな景色をながめながら

進んでいきました。

キジやウグイス、蛙の鳴き声

毛虫は早足で道を横断していました。

 

こいのぼりのある

瀬又付近では

餅つき大会がおこなわれていて

息子たちも餅つきに参加させて

いただきました。

昔ながらの駄菓子屋では

アイスクリームを買い

土手に腰をかけて頂きました。

 

帰ってから

柏餅をみんなで作りました。

食後に柏餅を3つペロリと

たいらげてしまう長男をみて

来年はどのくらい

大きくなっているのだろうと

想像していました。

 

今週末はふれあい市。

8月まではぷらっとおゆみ野で

引き続き開催されることになりました。

 

|

2種類のお味噌

Uni_0645

久しぶりの良いお天気。

2組のお友達親子さんを

家ランチにお誘いしました。

みんな次男の仲良しさんです。

 

そのうちの1組の親子さんが

鍋一杯の雑穀を持って

困った様子での登場でした。

「この後、どうしたら良いのだろう?」

前から雑穀のお味噌を

一緒に作ろうかという話しをしていたのですが

そのことでした。

 

ランチ会が

即席のお味噌作りの会に変身です。

1kgの雑穀を炊いているあいだ

我が子はみんなと遊んでもらいウキウキ。

私は雑穀を炊きながら

その他の家事もはかどり、助かりました。

 

麹を塩と雑穀を

混ぜ合わせるところからはみんなも参加し

練り合わせた玉をかめに詰めるときには

空気を抜くために投げ入れていくのですが

そこでは子供たちが大活躍。

きっとおいしいお味噌ができると思います。

 

我が家の味噌は

先月に大豆で作りました。

できあがったら

我が家の大豆のお味噌と

今日作ったお友達の雑穀のお味噌で

またランチ会を開きたいと思います。

Uni_0641

|

末長いお付き合い

Uni_0390

3週間ほどまえのこと

コンサーティーナを購入しました。

 

コンサーティーナは

ヨーロッパの民族楽器で

主人が昔訪れた

ウィーンの酒場で奏でられていたようで

「弾けるようになりたい」

ということでした。

 

コンサーティーナが

我が家に届き

箱から出してはみたものの

さて?どうやって弾けばよいのか・・

適当にさわると

音はかんたんに出るものの

ドレミのはもとより

楽器の持ち方もわかりません。

少し調べてはみましたが

珍しい楽器なので

近くで教室も見つかりません。

 

インターネットで情報を集めながら

ドレミは弾けるようになりました。

 

音の質は

ピアニカやアコーディオンに似ていますが

ボタン操作なのが

かわいくて楽しいです。

小さくて持ち運びも簡単。

夫婦の趣味として

長くお付き合いできそうです。

 

(どなたか教えてください。)

|

お父さん頑張れ

Uni_02092

週末は銚子の近にある

旭市まで行ってきました。

主人が走るハーフマラソンの

応援のためですが

会場で提供される

豚汁、甘酒、おしるこも目当て。

 

この大会では 

九十九里の浜辺を

駐車場に使用するため

満車になる心配がありません。

海岸沿いの砂浜に

ずらりと並ぶ車の様子は壮観です。

 

会場についてすぐ

豚汁の列に並びましたが

"超"がつくほど大きなお鍋を目の前にして

こんなお鍋で重ね煮を作ってみたい!

と思いました。

 

スタートを見送り

1時間ほど子供たちと浜辺で遊び

会場に戻ってゴールを待ちます。

1位の選手がゴールし

続いて現れたのは、なんと主人。

30歳以上の部では1位でした。

子供たちは大喜び。

表彰台には一緒にあがってしまい

本当にうれしそうです。

 

みんないい気持ちになれて

さあ帰ろうと

駐車場で車を動かしたところ

ここから事件が・・

 

砂浜でタイヤが空まわり

車が前に進みません。

抜け出すためにアクセルを踏んだら

砂浜にどんどん車が沈んでいきます。

ここで次男が笑って一言

「お父さん何やってるんだろうねぇ?」

子供たちのヒーローも沈みました。

 

そこに4輪駆動のカッコイイ車が登場して

無事に救出していただいたので

子供たちの主役はあっという間に

そっちに移ってしまいました。

 

お父さんはまた頑張ると思います。

Uni_02091_2

|

Tokyoウォーカー

F1000112今日は用事があり

朝から築地に行きました。

いつも築地に用事があるときは

主人にお願いしているのですが

今日は都心を散策しようということになり

家族4人で向かいました。

 

「八丁堀駅」から始まり

「築地本願寺」で参拝。

「築地場外市場」で欲しかったものを購入。

「歌舞伎座」で写真を撮って

「銀座通り」の博品館でおもちゃ探し。

主人の会社がある「汐留」を通過して

次男の好きな「新幹線のぞみ」を見物。

「浜松町」を経由して

「東京タワー」の大展望台で休憩したあと

「芝公園」で遊んで

「日比谷通り」を歩き

「新橋駅」でお昼ご飯。

最後は「有楽町駅」でお買い物をして

「東京駅」で終りました。

 

およそ15キロくらいでしょうか。

ず~っと歩き続けて

次男は早々とおんぶにだっこ。

長男は完歩ですが、最後はふくらはぎがピクピク。

大人達もさすがに疲れて

帰りの電車では、4人とも熟睡しました。

 

今夜はみんなで

脚のマッサージをしてから

眠りにつきたいと思います。

 

最後に・・・

主人のお父さんが

東海道の53次をゴールしました。

主人が小学生だったころからはじめて

途中長い中断を挟みながら

足掛け25年をかけての550キロ。

昨日、ついに残していた52次、53次を歩き終えました。

おめでとうございます。

F1000111

|

JOY!

先日のクリスマス会で

牧師さんから

ゴスペルのサークルがあることを伺いました。

高校生の頃はブラスバンド部で

音楽は大好き。

ご夫婦で参加している方や

子連れの方も多いことを教えていただき

早速参加してきました。

はじめに体を揺すりあたためて

発声練習から始め

3つのパートに分かれて練習が始まりました。

主人はテナー、私はアルト。

手渡された歌詞と耳から入る音だけで

歌を覚え、音のハーモニーを仕上げていきます。

たった1時間でしたが

先生は2曲も曲を仕上げました。

音の導きが的確で

初心者にもわかりやすく

気がつくと知らないうちにハモっていました。

歌うことで日々の疲れも発散され

またエネルギーをもらえたような気がします。

練習会の後は

各自持ち寄りのお料理で

ディナーパーティーも開催されました。

どのお料理も心がこもっていて

おいしかったです。

今回は初めてで準備できませんでしたが

次の機会では私も重ね煮料理を披露したいな

と思います。

|

本当の意味

Uni_0025 今日は誉田チャペルの

クリスマス会がありました。

誉田チャペルは

通りから奥に入ったところにあり

建物は見たのは今回が初めて。

 

おしゃれなチャペルがあり

前には広々とした芝生。景観が美しく、

子供たちが遊ぶのにも最適な環境でした。

チャペルの中は木の匂いと土壁に包まれ

天井も高く、窓も大きく、開放感がありました。

その中では

キリストの生誕を祝う

本当の意味のクリスマス会が行われました。

賛美歌からはじまり

人形劇では、キリスト誕生にまつわる話しを

子供にも解りやすく伝えてくれました。

そのほかには

音楽と体をつかったゲーム。

教会学校の賛美歌の披露。

最後は手づくりのクリスマスケーキ。

本物のクリスマスに触れ、

とても温かい気持ちになりました。

 

牧師さんも親しみやすく話しかけていただいて

人にも、空間にも癒された1日でした。Uni_0047

Uni_0053

|

ヒガンで会いましょう

Uni_4439 9月20日~26日が今年のお彼岸。

地下鉄江戸線牛込柳町を下車してすぐのところに

新宿の『経王寺』があります。

今日はそこで

住職さんの「お経」と

仏像ガールさんの「仏像ナビトーク」と

まゆみ先生の「インド舞踊」と

石原としえさんの「フラダンス」と

善財さん、平田さんの「音楽」の

コラボレーションイベントで

『ヒガンで会いましょう』

が開催されました。

17時からの開演。

仏像ガールさんの明るいトークにはじまり

仏教、インド舞踊、フラダンスが

本堂内の独特の空間に

違和感なく溶け込み

想像を超えた素敵なコラボレーションに

魅了されました。

これまで近寄りがたく特別なものだったお経が

今日は心を伝える音楽の1つに思えて

仏教、仏像、お経がとても近い存在に

感じる事のできた1日でした。

 Uni_4453

実母が亡くなり、4年。

毎日合掌して気持ちは伝えていましたが

お経を唱えられるようになりたいと思う

よいきっかけになりました。

 

機会をご提供していただいたハピネス観章さん

まゆみ先生、善財さん、共演された皆さん

素敵なひとときをありがとうございました。

お疲れさまでした。

Uni_4459

|

地引網

Uni_4316土曜日は

九十九里海岸で

はじめての地引網を

体験してきました。

 

海には早めに到着し

すこし浜辺で遊んでいると

ほかのグループが地引網をしている最中。

そばまで寄ると

大きなスズキやエイやタイ

タコやフグやクラゲやヒトデ

名前はわかりませんが

他にもたくさんの種類の

海の生物たちが一同にあつまり

水族館のようでした。

たくさん網に掛かってきた魚達に

子供たちは大喜び。

 

次は私たちのグループ。

期待に胸をふくらませて

小雨のなか

皆で力いっぱい網を引きました。

網元の女将さんが

大きな威勢のよい声で

指揮を取るのですが

その姿から

自然を相手にして

生活をされている方の

強さやたくましさを

肌で感じることができ

反対には

自分の弱さを

いろいろと

反省させられます。

 

前のグループが捕りすぎたのか

成果は思わしくなかったものの

それでも

お土産分は

スズキやカサゴやアジやエビなど

30匹くらい。

我が家には

充分すぎる量です。

 

その日の夕食は

スズキのお刺身と

エビとトマトの重ね煮。

子供たちも

自分たちが捕まえた

生き物が食卓に並び

うれしく、ありがたく

頂いていました。

|

より以前の記事一覧