④農作物・食材

個性的な仲間たち

最近、あたらしい楽しみが増えました。

お醤油探しです。

 

今週からはじまるお料理教室に

大豆や小麦アレルギーの方にも

安心して参加してもらうためには

従来の大豆を原料とした

お醤油だけではだめだと思ったのが

きっかけですが

単にアレルギー対応を売りにしている

調味料で重ね煮を作ってみたところ

いつも食べた後にある

体がポッとあたたかくなる感じが

ありませんでした。

 

これでは重ね煮の良さが

伝わらないと思い

限られた地域に伝わる

伝統的な調味料だったり

生産者のこだわりから生まれたり

というようなことを基準にして

探すことにしました。

 

簡単ではありませんが

いつも気にしていると

少しずつ集まってきました。

お米、いか、ソラマメ・・・

どのお醤油もみんな個性的です。

でもただ珍しいだけでなく

これらで重ね煮を作ったときの

おいしさには絶句してしまいました。

 

お味噌も同じように

自信を持っておすすめできるものが

寄ってきてくれました。

今週の金曜日からはじまる

ちいさなひかりでは

これらの個性的な調味料なども使って

アレルギーの有無に関係なく

楽しくお料理をしていきたいと思います。

 

みなさんの

おいしさに驚く顔や、思わずこぼれる笑顔を

楽しみにしています。

|

ベジタブルリレー

近ごろ、不思議なくらい

わたしのところに

お野菜が集まってきて

まるで吸い寄せているかのような

そんな気持ちになります。

 

集まってくるのは

ウィークエンドファーマーズの皆さんや

家庭菜園でお野菜を育てている皆さん

ご実家がお野菜を育てている皆さんなど

いろんな方々の気持ちのこもった

お野菜たちです。

 

そんなお野菜たちが台所へやってくると

"ようこそ我が家へ"

という気持ちでお迎えし

"家族の元気の源になってください"

という思いを込めて調理します。

あるとき、食材に

「そんな切り方をしないで」と

逃げられてしまう

そんな夢を見たことがあり

やさしい気持ちで切るようにもなりました。

食べるときには

"○○さんからいただいたお野菜だよ"と

子供たちに伝えながら

お野菜を育ててくれた人

運んでくれた人

そして食べる人へと

思いのリレーをしているつもりで

お料理しています。

 

頂いたお野菜は、

思いを込めて重ね煮にして

頂いた方にもお返ししています。

思いがまた元の場所に戻り

グルグルと循環するといいと思います。

 

今日はともちゃんのお母さんが育てた

立派な白菜や大根、小松菜、青梗菜、サニーレタスを

いただきました。ありがとうございました。

|

こだわりのお醤油

Uni_4696 重ね煮料理は

塩やお醤油を少量加えることで

お野菜の味を最大限に引き出してくれます。

塩やお醤油は毎日使うものだから

自然に近い天然醸造のものを選んできました。

いくつかの商品を試してきましたが

我が家の醤油は『はなのはな生協』さんの

丸大豆醤油に落ちついています。

天然醸造のお醤油は

材料、加工工程などにこだわる分だけ

お値段も張るものなのですが

なのはなさんのお醤油は

お値段もお手ごろで1リットルで5百円。

体も家計も助けられています。

 

なのはな生協さんで

お買い物をするようになったのは2年前。

ご近所さんの紹介ではじめました。

取り扱う商品が全て安心していただけるもので

製造工程や材料を気にしなくても

安心して購入することができます。

 

そのなのはな生協さんより

11月下旬に企画されている

重ね煮講習会の講師として

お声をかけていただき

今日はその打ち合わせがありました。

その時にもお醤油のことを伺いました。

理事のKさんによると

生産者の方は気がついたら

お醤油は赤字で提供されていたのだとか。

利益を第一に考えず、

安心で良いお醤油を提供する

こだわりのお醤油なのだなと

改めてうれしくなりました。

|

キュウリとの握手

Uni_4059_2  6月に裏の敷地の空いたスペースを利用し

タタミ一畳ほどの畑を作りました。

お遊び程度ですが

ミニトマトや枝豆、キュウリなどを植えて

子供達と成長を楽しんでいます。

 

先日、一冊の本を読みました。

『リンゴが教えてくれたこと』

ベストセラーになった

『奇跡のリンゴ』でとりあげられた

リンゴ農家の木村さんが

ご自身の経験をもとに書き下ろされた本です。

 

その中の一節に

「キュウリのひげが巻きつきますか」

というお話がありました。

キュウリには巻きひげがあります。

この巻きひげの前に指を1本さし出すと

まるでその人の心を見抜くかのように

巻きつく人とそうでない人がでてくるそうなのです。

本を読んだ翌朝、こわごわでしたが

我が家のキュウリでためしてみました。

ひげを撫でて話しかけてみると

しばらくして、クルリと巻きついてきました。

まるでキュウリと握手ができたようで

感動しました。

このことを家族に自慢すると

長男も翌朝ひとりで挑戦したようです。

握手できたと嬉しそうに報告してくれました。

  

ちなみに木村さんの場合には

少し離れていても

瞬時に巻きついてくるそうです。

 

|

毎日の脇役

我が家の食卓は野菜と穀物を中心にしています。

肉や魚は少量でお楽しみ程度。毎日取るものにはしていません。

そんな食生活だから大切にしていることがあります。

昔ながらの製法や醸造法で造られた調味料を使うことです。

上質な調味料は素材の持ち味を際立たせてくれます。

素材から自然な甘み、風味、旨みが引きだせたら、あとはほんの少し調味料を加えてあげるだけで美味しい料理に仕上がります。

毎日使い、体に入れるものだからこそ、大切に選んでいます。

手間ひまかけて造られている分だけ高額ですが、肉や魚をそんなに買わない食生活なので、トータルでみたならそんなに高くはありません。

体に優しい食生活で、医者いらずになれたのなら、むしろ安いように思います。

|